Skip to content

SSDとHDDの併用でパソコン環境をより快適に

昨今ではパソコンの補助記憶装置の代名詞となっているハードディスクがあり、今でも多くのパソコンやサーバーといった所でも利用されています。

そんな中でSSDという新しいタイプの補助記憶装置が生まれ、徐々に普及して来ているのです。SSDは英語で表現をするならSolidStateDriveとなり、モバイルパソコン等持ち運びが楽に出来、ハードディスクの様な駆動系回路では無いために振動に強いというメリットがあります。また消費電力も少なく済むので、非常に多くの電力を使用し365日24時間、継続して使用するデーターセンターのサーバーにも導入が検討されているケースもある様です。

そしてSSDの特徴はハードディスクに比較して、読み出し処理を非常に高速処理で行う事が出来ますが、書き込み処理はハードディスクに軍配を譲るという問題も持っています。それでは、ハードディスクとSSDのどちらを選択するのがベストなのかといえば、両方を組み合わせて併用するのが現実的な最適解と言えるでしょう。

つまりOS部分と、ワープロソフトや表計算ソフト等のソフトウェア部分をSSDに割り当て、書き込み処理も行う部分にハードディスクを割り当てるという方法です。ただ注意が必要なのは、パソコンの代名詞的存在のOSにデフォルトでインストールされているブラウザーを使用する場合には、閲覧履歴情報等のファイルをSSD部分に書こうとしてしまうので、ハードディスク部分に書き込みをする様にする工夫が必要になります。以上の処理を行えば、ストレスの無い理想的にパソコンを使う事が出来るでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *